クレンジングの基本

クレンジングで肌荒れをすることがある?肌荒れをしないためのポイント

ハレナホットクレンジングジェル

毎日何気に行っているクレンジング。

そのクレンジングで肌荒れを起こしたことはありませんか?

実は私は某メーカーの洗顔料で
ひどい肌荒れをおこしたことがあるんです。

「とびひ」のように、顔中に湿疹ができて
ひどい状態でした。

今まで使っている洗顔料や化粧品で
トラブルをおこしたことがなかったのでショックでしたね~

ここでは、健康なお肌でも
クレンジングで肌荒れをおこすかどうか・・という話です。

結論をいうと、「肌荒れを起こす場合がある」のですが
詳しく考えていきましょう。

クレンジングの役割ってなに?

クレンジングの役割は
すでにご存じだと思いますが「メイクの汚れを落とすこと」ですよね。

朝メイクをして、一日中頑張ったお肌は
とっても汚れています。

お肌から分泌した皮脂はもちろんですが
空気中のほこりやちり、汚れ、
メイクの油脂もこびりついています。

ノーメイクだったら
洗顔料だけでもいいのですが
メイクの汚れは洗顔料ではキレイに落とすことができないので
クレンジングが必要になってきます。

基本は「クレンジング+洗顔」のダブル洗顔なんです。

最近は、ダブル洗顔不要のクレンジングも販売されていますが
基本はダブル洗顔。

クレンジングを疎かにすると
新陳代謝を妨げ、お肌のトラブルを招くことになってしまいます。

ついつい油断をしてしまうクレンジングですが
クレンジングの役割を考えて、丁寧に行うようにしたいですね。

クレンジングで肌トラブルになる原因

スキンケアの基本はクレンジングなのですが
やり方によっては、肌トラブルに繋がることもあります。

・界面活性剤

クレンジング料には界面活性剤が含まれています。
洗浄成分なので、この界面活性剤のおかげで
メイクを落とすことができる訳ですが
これが強すぎると、お肌に必要な皮脂まで落としてしまうことがあります。

つまりお肌へ負担がかかるということです。

・お肌への刺激

クレンジングをすつろ気には
お肌をこする動作がはいります。

この「こする」ということが曲者です。
お肌への刺激はトラブルのもと、常に優しくお肌にさわることを心がけたいですね。

・メイクの汚れをきちんと落とすことができていない

その日の汚れはその日のうちに落とすことが大切です。
汚れが残っていると肌トラブルの要因になりますから
いつもキレイなお肌にしておきましょう。

知っておきたい!クレンジング料に含まれている成分

直接お肌に触れるクレンジング料なので
その成分には気を配りたいものです。

特に「悪い成分」を知っておきましょう。

クレンジング料は油性成分、水溶性成分、界面活性剤からできています。
メイクを落とすには、この界面活性剤がかかせません。

界面活性剤というと、悪いイメージを持つかもしれませんが
クレンジングに使用されている界面活性剤の多くは
乳化するという働きを持っているので
洗いながしてお顔に残らなければ、ぜんぜん問題はないのです。

※乳化とは、水と油を馴染ませることです

ただ、ここで気をつけたいのは「石油系合成界面活性剤」です。

石油系の合成界面活性剤は洗浄力がとても強いので、
大事な皮脂成分までも、洗い流してしまうんです。

そうはいっても
なかなか成分名なんて分かりませんよね。

界面活性剤もいろいろな種類があるんですね~

でも以下のことにちょっとだけ、気をつけて
成分表をチェックしましょう。

—————–

「硫酸」
「スルホン酸」
「TEA」

——————

成分名にこれらの名前が付いていたら要注意!

洗浄力が強すぎる合成界面活性剤なので
使用しないようにしましょう。

また、添加物などにも注意しましょう。

敏感肌の人は、お肌にピリピリと刺激を感じるかもしれません。

—————————–

防腐剤(メチルパラベン、エチルパラベン、エデト酸塩など)
エタノール(エチルアルコール)
香料

———————————

これらは良く目にする成分ですから
チェックしやすいと思います。

「クレンジングで肌荒れをすることがある?肌荒れをしないためのポイント」のまとめ

肌荒れをせずクレンジングを行うには
正しくクレンジング料を選び、正しい方法で行うことが重要です。

メイクの濃さやお肌の状態なども
関係してきますから複数のクレンジング料を使用するのもいいかもしれませんね。

また重要なのは成分。

安価なクレンジング料は
石油系の合成界面活性剤が含まれている場合がありますから
パッケージの成分表をよく確認して、購入しましょう。